ハンドメイドルーム アロハカウ

アロハカウは千葉県館山市のハワイのクラフト『リボンレイ』のお店です。

090-3476-5231

〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷789-1

コンセプト

コンセプト

リボンレイ(キット・材料・オーダー)の販売を始め、リボンレイのレッスンや体験レッスン、布雑貨販売をしております。

お好みのカラー・素材からお選び頂きハンドメイド作品をお作り頂けます。

選ぶときのワクワク

作る時の楽しさ

完成した時の達成感

小さなクラフトですが、お楽しみください。


リボンレイとは…

ハワイの伝統工芸品のレイを生花を使わずリボンを縫ったり編んだりして作るハワイアンクラフトです。
レイは、ハワイの伝統的な装飾品で、ハワイに訪れた記念に首にかけられて用いられるが一般的に知られています。

レイは昔、『お守り』や『魔除け』として身につけるものでした。

12世紀頃にハワイへ移住してきたポリネシア人たちによってもたらされたと言われております。
古来よりレイは、魔除や供物、社会的地位の象徴とされていました。
古代の人々は、動物の歯や骨、貝、石、木など自然物でレイを作り、自然を通してマナ(霊的な力)を身体に呼び込もうとしました。
レイには見た目の美しさよりも霊的な力が求められました。
19世紀頃旅行者や移住者によって持ち込まれたジャスミン、カーネーション、プルメリアが使われるようになりました。
船で到着した人を歓迎の象徴、誕生日や冠婚葬祭として贈られるようになりました。
現在では歓迎、誕生日、卒業式、結婚式などお祝い、愛情、感謝、幸せを願って日々レイを贈り合います。
花や葉で作るレイが一般的ですが最近では、布や紙、紙幣のレイもあります。
リボンレイは、1990年代の半ば頃に誕生しました。
当時のフラワーデザイナーが、レイを作るために大量に
花が摘み取られることに心を痛め
生花の代わりにリボンを使って作られたのが「リボンレイ」です。
リボンレイはアメリカだけでなく世界中に広まりました。
さまざまな植物のイメージを好きな色や素材を組み合わせ、自由に表現出来るクラフトです。
リボンレイは作ることによっても『癒し」をもたらしてくれます。


プロフィール


山岡 佳美(やまおか よしみ)
南房総市S51生 
ハンドメイド大好き
ハワイアンキルトに出会い・・・
ハワイアンリボンレイに出会い・・・
フラも少々・・・
子育てと一緒に楽しんでいます。